スタッフブログ

スタッフブログ詳細

今年もありがとうございました。赤ちゃんの発達教室&ベビーマッサージに出会えた年でした。


いよいよ2014年ももう少しですね。今年を振り返ると、また、新たなことに出会えた1年でした。毎年、毎年、今年はどんなことに出会えるんだろうとワクワクし、朝起きた瞬間に、今日はどんな方に出会えて、どんな学びがあるんだろうとワクワクします。

たくさんのワクワクをありがとうございました。

赤ちゃんの発達教室&ベビーマッサージは、2年越しで勉強したことから出来上がった教室です。病院勤務していた時は首が据わるのは3~4か月で、寝返りは5~6か月で歩くのは1歳くらいでと、大まかなことで十分だと思っていました。赤ちゃんの発達について学ぶ機会があり、手の発達、足の発達、目の発達、発達の順番等々、医療従事者だというのに自分の知識があまりにも低いことを思い知らされ、勉強していく一つ一つの事が面白くで赤ちゃんの計り知れない力を感じました。発達のことを学んだうえでベビーマッサージを勉強してみたら、発達を促すのに有効であることがわかりました。子供を3人育てる中で、私が学んだことは性格は持って生まれたものがあり、どんなに私が熱をこめて子供に接しても不変のものがあって3人3様の確固たる自我を持た子供に育ちます。でも体は、育てたように育ちます。次女は鉛筆の持ち方、箸の持ち方が変です。何度言っても直りません。でも、手の発達は生後2か月で親指が吸えて、3~5か月でおもちゃを親指とほかの指で持つように手を使わせたら自然に箸も鉛筆も上手に使えるんです。次女ごめんと心で謝りつつ、3女はばっちり手の発達ができるように関わったので2歳4か月で鉛筆もそこそこ上手だし、はさみもどんどん使います。たとえば親指を握ったままの赤ちゃんによく出会います。すでに育ってしまった子供に手のマッサージをしても手は上手に使えませんが、赤ちゃんの時にこのことを知っていたら親指を出せるようにマッサージをしていくと良いんですよ。発達の段階とベビーマッサージを組み合わせたら育児も楽しくなるし、育てやすい赤ちゃんに育ってくれます。

生活様式が昔とは大きく変わった日本では、ほっておいても子供は育たないし、固い布団や、早い段階でのおんぶ紐抱っこひもは赤ちゃんの体に負担ばかり与えてしまします。育児をする、ママ全員にこのことを知ってもらいたいです。もっともっと多くの方に広まるよう、来年も頑張ります。

 

素敵な1年が訪れますよう、心よりお祈りいたします。

 

AIKA CURE HOME

住所 〒400-0426 山梨県南アルプス市塚原57-3
アクセス 南アルプスインターより車で5分
電話番号 090-3102-0346
診療時間
午前 09:00~15:00
午後 16:00~18:00(時間外対応可)
お休み 日曜・祝日 火曜日の午前中
当店Facebookはこちら http://on.fb.me/1KmerSH
  • facebook
  • twitter
  • mixi