スタッフブログ

スタッフブログ詳細

赤ちゃんの指の発達、AIKACureHome のミニ発達教室


生まれてから3ヶ月くらいの赤ちゃんは手のひらに触るとぎゅーと握る反射があります。赤ちゃんの手の親指は3ヶ月までは手のひらにくっつく位折れ曲がっていて自分の親指が手のひらに触ると残りの4本の指が親指を握りしめてしまいます。指しゃぶりは生後2ヶ月から上手になり、生後1ヶ月から指を吸おうと顔に近づけます。指しゃぶりする指は親指が理想的。でも、親指を握りしめていると吸えないから人差し指や中指、手の甲を吸ったりします。人の脳は手を吸うことで発達すると言われているので、どの指であろうと吸わないよりは吸った方が良いのですが、親指を、吸えていた子は教えなくても箸や鉛筆は上手に持つし鉄棒も親指と他の指とを対面させて持てるので鉄棒から落ちる頻度も少ないし、転んだ時、手のひらをパーで付くので骨折も少ないです。何かと良いことずくしなので、出来れば親指はグー✊の外になっているように握っていたら出してあげてください。

iPhoneから送信

AIKA CURE HOME

住所 〒400-0426 山梨県南アルプス市塚原57-3
アクセス 南アルプスインターより車で5分
電話番号 090-3102-0346
診療時間
午前 09:00~15:00
午後 16:00~18:00(時間外対応可)
お休み 日曜・祝日 火曜日の午前中
当店Facebookはこちら http://on.fb.me/1KmerSH
  • facebook
  • twitter
  • mixi