スタッフブログ

スタッフブログ詳細

うつぶせ寝について。AIKACureHome の発達教室


朝から、保育園でうつぶせ寝で1歳のお子さんが亡くなったというニュースが流れていますね。
うつぶせにさせること自体が怖くてというママもたくさんいますよね。
まん丸抱っこされている赤ちゃんは泣いても反り返らないです。そんな赤ちゃんはうつぶせにしても苦しくならないです。
でもピーンと体を伸ばし、泣くと反り返ってしまう赤ちゃんにとってはうつぶせにされただけで胸が圧迫されとても苦しい姿勢なんです。
赤ちゃんの発達教室やベビー整体に来てくださる方の中にも強い反り返りがあって、うつぶせにしたら危険だから今は絶対にうつぶせにしないでねとアドバイスさせて頂くことがあります。
まずはまん丸抱っこをして、赤ちゃんから反り返りが起こらないようにしてあげます。反り返りがおさまってからうつぶせで遊ばせます。
うつぶせで遊ばせることは寝返りが始まった時の窒息の回避にもなります。前のブログで書いたように、今後の成長においても必要な姿勢です。
うつぶせが好きな赤ちゃんは眠ってしまうことがありますがその場合は目を離さないでくださいね。ママがその場を離れる時は仰向けに戻してくださいね。
うつぶせ寝とうつぶせで遊ばせることは違います。ママが見守る中でうつぶせで遊ばせることはとても大切です。怖かったら相談して下さいね。
私が一番心配なことは、順調な発達の赤ちゃんはうつぶせで遊ぶことが大好きになり腹筋がしっかりしてから、先に寝返り返りをします。その後に寝返りをします。でも反り返りが強い赤ちゃんはうつぶせで頭を上げることができないうちに背中の反り返りで寝返りをしてしまうことです。反り返りが強い場合は生後1ヶ月にならないうちに寝返りをします。赤ちゃんの意思とは関係無くうつぶせになってしまうのでママが眠っている時ですら、首が座っていない赤ちゃんがうつぶせになる事があるんです。本当に、これが一番心配です。
ちょっと不安にさせてしまったかもしれませんが実際にある事なので、大事に至る前に反り返りが強い赤ちゃんだなとママが思っていたら相談して下さい。

 

iPhoneから送信

 

 

AIKA CURE HOME

住所 〒400-0426 山梨県南アルプス市塚原57-3
アクセス 南アルプスインターより車で5分
電話番号 090-3102-0346
診療時間
午前 09:00~15:00
午後 16:00~18:00(時間外対応可)
お休み 日曜・祝日 火曜日の午前中
当店Facebookはこちら http://on.fb.me/1KmerSH
  • facebook
  • twitter
  • mixi