スタッフブログ

スタッフブログ詳細

なんで今の仕事No.13 今の仕事に向かわされている出来事②


助産師として病院に戻ってきました。

 

その前に大切な人との出逢いがありました。内科に勤務していた時です。心臓が悪く、心臓移植の為に他県から入院していた方との出逢いです。
彼女は出産後、悪露が中々止まらないので出産病院に行ったそうです。そこで処方された内服薬が体に合わず、心停止してしまい、一命を取り留めましたが、心臓移植しか助かる道がなくなってしまったそうです。私が助産師の学校に行くと話すと、「深澤さんが助産師になったら、私の経験を産後に悪露が止まらないって言う方がいたら伝えて下さい。」と託されました。なので、産後の悪露で相談されるときには必ず伝えるようにしています。そして、これも骨盤ケアにつながりますが、骨盤がゆがんでいると子宮の位置が下がり、子宮の戻りが悪くなるので悪露が長引いたり、突然の大出血につながります。

 

助産師として病院に戻った私は、これで、職業への違和感がなく働ける‼︎と思いました。でも、また、違和感があるんです。
助産師は正解。でも、なんだか違うんだよね。って心の声が言うんですがそれは何かはわからないまま働いていました。

 

私が出産の介助に入ると赤ちゃんの頭までは産まれてきてくれるんだけど、その後、肩が出てこない。
どうして、どうしてって、悩みました。先輩助産師たちの分娩介助を見たり、本もたくさん読みました。でも、わからないんです。その答えは骨盤ケアを学んでから出てきました。赤ちゃんは回転しながら産まれてきます。骨盤がゆがんでいると回転が上手くいかず、肩が出て来ないんですよ。やっと答えにたどり着いたと同時に、私が介助させていただいた赤ちゃん達はあえて私にこのことを教えてくれていたんだと分かりました。

 

骨盤ケアの勉強を始めた時、骨盤ケアの為に助産師にならなければいけなかったんだと納得しました。

 

AIKA CURE HOME

住所 〒400-0426 山梨県南アルプス市塚原57-3
アクセス 南アルプスインターより車で5分
電話番号 090-3102-0346
診療時間
午前 09:00~15:00
午後 16:00~18:00(時間外対応可)
お休み 日曜・祝日 火曜日の午前中
当店Facebookはこちら http://on.fb.me/1KmerSH
  • facebook
  • twitter
  • mixi